海外進出の第一歩|技術翻訳の仕事|カッコイイ職業に就きたいなら
男の人

技術翻訳の仕事|カッコイイ職業に就きたいなら

海外進出の第一歩

辞書

広東語も北京語も

長らくイギリスの植民地だった香港では、英語が幅広く通用するため、ビジネスの場面でも通訳不要と考えている方がいるかもしれません。しかし現地の人同士は広東語で会話しており、小さな商店との取引や一般消費者を相手にする場合には、細かなニュアンスの理解できる広東語の通訳が必要になります。また中国への返還以降は、香港でも公式の場で北京語が使われることが多くなっています。繁体字の広東語と簡体字の北京語では、語彙も文法もかなり異なるため、どちらにも詳しい通訳がいれば安心です。香港にも翻訳や通訳のサービスを提供する業者は数多くあり、法人設立や契約書作成はもちろん、イベント開催などの広告宣伝や営業代行にも利用されています。

専門分野を確認

香港は法人税が安く、税制がシンプルなことで知られており、世界各国の企業がタックスヘイブンとして進出しています。会社設立も比較的容易なため人気になっていますが、香港ならではの制度や商習慣もあるため、初めて進出する場合は専門家によるサポートをお勧めします。本格的に進出する前の市場調査や、展示会などのキャンペーン活動でも、有能な通訳は必要になります。通訳を選ぶ際には、専門分野を確認し予算とも比較することが大切です。法務や財務に精通している人、技術関係に強い人、トレンドに詳しく現代的なニュアンスを伝えられる人など、通訳にもさまざまなタイプがあります。料金の安さだけでなく、目的に合致しているかどうかが重要です。